T.A.Dコンサート’83
1983年10月17日 東京江東区文化センターにて収録


 1982年9月5日、東京新宿の「ベンチャーズ・レインボー・コンサート」において、久々に顔を揃えたT.A.D.のメンバー一同は、ベンチャーズの演奏に刺激され、高校卒業以来、久々に活動しようじゃないか、ということになりました。
 そして、どうせなら青春の記念に、大きなホールでコンサートを開こうじゃないか、という事になりまして、約1年間の準備期間を経て、ホール・コンサートを実現したのでした。
 このビデオは、そのコンサートの模様を収めたものです。



 ボタンをクリックすると、自動的に再生が始まります。

第1部

  曲目 一口メモ
1 クルーエル・シー
2 ドライヴィング・ギター    エンディングの6弦チューニング・ダウン奏法は、冷や汗ものでした。
3 テルスター   この曲をキーボード入りで演奏できる幸せな気分、今でも忘れません。
4 星への旅路  本物のベンチャーズのライヴでは聴けなかった、オルガンをフィーチャーしたアレンジです。
 '74年のメンバーでこの曲を演奏したら、というコンセプトです。
5 ブルー・スター  後ろであんなに星が輝いていたなんて、演奏中は全然わかりませんでした。
6 ジャパニーズ・メドレー:
 雨の御堂筋〜京都慕情〜
   京都の恋〜二人の銀座

 
 T.A.D.はエレキ・シタールを所有していなかったのですが、京都の恋をやりたくて、通常の3曲メドレーの中に挿入しました。
7 朝日のあたる家  '74年のデイヴ・カーを彷彿させる、デイヴ杉江のテクニックを、ご堪能ください。
8 ハワイ・ファイヴ・オー  ’75年のキーボードがジョン・ダリルだったら、こんな感じになるんじゃないでしょうか。
9 ワイルドで行こう  第2部のオープニングとして演奏しましたが、プロローグは挿入しませんでした。その悔いを、3年後に錦糸町38で晴らすことになります。
10 夢のカリフォルニア  サビの部分のメロディーには、キーボードをフィーチャーしました。

ビデオ・ライブラリーのTOPに戻る
TOP-PAGEに戻る




a