ロック・ギター誌 アンケート
ライト・ミュージック誌1975年4月号増刊より


 1970年代のベンチャーズ・ファンには、'60年代のブームが去った後の、
「ベンチャーズなんてもう古い。」
「今時ベンチャーズなんて、ダサい。」
 といった風潮の中、極めて肩身の狭い思いをされた方が多いのではないでしょうか。
 音楽雑誌をはじめとしたマスコミも、ベンチャーズに対しては、非常に冷たい扱いしかしてくれない時期でありました。
 そんな時代に、この雑誌のアンケートで、日本ロック界の黎明期を支えていた錚々たるミュージシャン達が、堂々と、
「ベンチャーズに影響を受けた。」
「ベンチャーズをコピーした。」
 と答えているのを見て、おおいに勇気づけられたものでした。
 そんな「愛すべき日本のミュージシャン」をご紹介します。


 名前をクリックすると、その人の項目に飛びます。
洪 栄龍 氏(ギタリスト)
高中 正義 氏(ギタリスト)
成毛 滋 氏(ギタリスト)
水谷 公生 氏(ギタリスト)
水谷 久 氏(ギタリスト)
矢島 賢 氏(ギタリスト)
小原 礼 氏(ベーシスト)

 アンケート項目の字が読みづらいと思われますので、補足表記しておきます。

@(イ)ギター(ベース)を始めた年齢とその動機
 (ロ)使用楽器(Guitar,Bass,弦,Amp,Attachment)
 (ハ)現在気に入っている楽器
 (ニ)これからの楽器の性能や機能に希望・期待すること

A(イ)影響をうけたギタリスト(ベーシスト)、好きなミュージシャン
 (ロ)誰の曲をコピーしたか?
 (ハ)日本のプレイヤーで誰を意識する?
 (ニ)今後の活動についての展望と抱負

Bあなたなら、つぎのような場合どうする?
 (イ)ステージで弦が2本切れたら
 (ロ)ステージが停電になったら
 (ハ)演奏中に感電したら
 (ニ)ステージで演奏中に”イモ!”と野次られたら
 (ホ)ミス・トーンを出してしまった時
 (ヘ)”飛び入り”のギターがあなたよりうまかったら






















TOP-PAGEに戻る