オリジナル・ジャケット集

  こんなジャケットあったらな、と想像して作ってみました。
  既製の写真でも、組み合わせや、切り取り部分の調整具合で、雰囲気が変わって、結構楽しめます。
ON STAGE '72
 解説書表紙の写真が大のお気に入りなので、それを表に持ってきました。
 裏ジャケの写真は、民音の’72年のツアー・ブックから抽出しました。


ON STAGE '73
 東芝発売の「オン・ステージ’73」の裏ジャケの写真がカッコいいので、それを表に持ってきました。やはり、’70年代初期のノーキーの、青いズボンがたまりませんね。
 裏ジャケの写真は、アルバムの中のグラビアから抽出しましたが、原版ではジョーが「裏焼き」になっている(タムタムの並びが逆なので、すぐにわかって笑えるのです)のを、正常にしました。
 レイアウト上、裏ジャケットに曲目が入れられなかったので、中ジャケも作ってみました。こちらに本来の表ジャケットの写真を挿入しました。

ON STAGE゚74
 本物のジャケットでは、ステージ写真が小さくて物足りないので、おもいっきり派手に全面に広げてみました。
 ベンチャーズのライヴ盤は、デザイン性なんかどうでもいいから、とにかくステージ写真がでかければ、それでいい。これがレッテレの持論です。


LIVE IN JAPAN '77
 ’77年のツアー・ブックの表紙がゴキゲンなので、表ジャケにアレンジしました。
 裏ジャケには、キング・レコード発売の「ライヴ・イン・ジャパン’77」の裏ジャケから抽出した画像を使っています。
 個人的に楽しむ事を厳守している特権として、なんと「リバティー・レーベルの’77年実況録音盤」となっております。(笑)


ON STAGE '78
 キング・レコード発売の「オン・ステージ’78」のジャケットが、ちょっと地味なイメージがあったので、逆に思いっきり「真夏の太陽」のように、明るくアレンジしてみました。

Mel Taylor & THE DYNAMICS
 やはり「ライヴ盤」のジャケットには、ステージ写真が好ましいというコンセプトで、’74年初頭にダイナミックス・ファン・クラブが有料配布したテープのラベル写真を、表ジャケットに採用しました。
 中ジャケに、ダイナミックスのツアー・ブックから抽出した画像を挿入し、「謎の音楽評論家、井内 洋氏」の解説文を載せてみました。

Mel Taylor & THE DYNAMICS 2
 熱烈なダイナミックス・ファンである、トッポ・ジェリーさんが「文字で聴くダイナミックス千葉公演」のために提供して下さった画像を使って、違うバージョンを製作してみました。
 市販で出回ったアイテムが極端に少ないグループでしたので、自分で想像の世界を駆け巡るしかありません。

 1982年にドレミ楽譜出版社から発行されたバンド・スコア「THE VENTURES GREAT HIT」の表紙や文中に挿入された画像を使ってデザインしてみました。
 この年は市販の出版物にベンチャーズの画像が乏しく、淋しい限りです。

トップ・ページに戻る